「週刊西田の表紙が来年のカレンダーに!」 一週間限定投票開催!


下記の表紙で好きな週刊西田バックナンバーをひとつ選んで下さい。
選択肢回答数 
週刊西田創刊号28
週刊西田第十三号14
週刊西田第四十一号7
週刊西田第四十四号8
週刊西田第四十六号4
週刊西田第四十七号4
週刊西田第五十四号8

コメントはこちら
回答日時記入欄 内容
2013/10/15西田先生。西田先生の精悍な御姿にはいつも励まされています。 寒露も過ぎ、肌寒い日が増えてきましたが、どうか御自愛ください。 応援しております。 週刊西田様、貴誌を毎週楽しみにしています。 これからの日本の行方には第二本目の矢が大きく関わってくると思いますので、西田先生と麻生大臣の表紙を選ばせて頂きました。
2013/10/15政治家は顔で選ぶべし。特に笑顔の良い人を!西田先生 応援しています。
2013/10/15「笑う門には福来る」ということで、四十六号の再選を祝して万歳していらっしゃる写真を選びました。  四十四号の安倍首相と手を取り合って、「日本を取り戻す」決意を示されている写真も捨てがたいですが、先生の姿がより大きいという点と、再選を果たされた記念すべき年に折角、東京オリンピック、パラリンピック開催が決定したのですから、「祝東京五輪決定!」と銘打って、喜びを共有する姿勢を強調してはいかがでしょうか。来年のカレンダーを今から楽しみにしております。
2013/10/15 やはり、現役の総理と一緒に運動しているところが、 一番良いと思います。   応援しています。 なお一層のご活躍を、期待しております。
2013/10/15お世話になります。 カレンダーとしても見やすいお写真だったので。
2013/10/15カレンダーのコンセプトが「今年の重大ニース」とありるので、ゆはり7月の選挙に勝利された時の堂々たる姿がピッタリではないかと思い四十六号を選びました。 内政外交諸々、日本は非常に難しい局面に立たされていますが、これからも西田先生のご活躍を期待しております。
2013/10/15ビシっと凛々しいスーツ姿の西やんの立ち姿は美しい。
2013/10/15全部いい
2013/10/15一番清潔感があるから。西田議員のカレンダーだから、他の方と一緒じゃない方がよい。
2013/10/15先生、頑張ってください。応援しています
2013/10/15京都府会議員に初当選の写真もいいと思います。 *「総理への直言」と「保守とは何か」 先週、セットで購入しました!
2013/10/15西田議員、いつも応援しています。
2013/10/15先生、日本を守るために頑張ってください。応援しています。
2013/10/15まず「さわやかな笑顔」これです。次に「正面」やはり真っすぐ見ていてほしいです。ナナメはいけません。そして「独りでも戦う」なので独りで映っていなければなりません。最後に「髪の色とスーツの色」白髪にはややブルーな感じのスーツがよく似合います。というわけで「週刊西田創刊号」の写真がおすすめかと思います。
2013/10/15全体像・・・ を見てみたいのは国会での前原氏の献金の流れではなくて、 80年代?から発生してきたしまった規制緩和、構造改革、グローバリズムの流れなのです。が、突き詰めると養老猛司さんの人間科学に行き着きそうな気がしました。  す、すみません、全くコメントになってない。 とにかく全体像を選びました。
2013/10/15西田先生の素敵な笑顔が印象的なお写真ですね。
2013/10/16西田先生頑張って下さい。TPPには絶対に反対して下さい!
2013/10/16どれも素敵な写真ばかりですが、カレンダーの表紙ということを考えると、創刊号のお写真でしょうか。落ち着いた笑顔が良いです(*°ω°*)
2013/10/16西田先生いつも日本の為にありがとうございます。いつもセンスの良さが光っている西田先生らしいお写真を選ばせて頂きました。戦後レジュームからの脱却は長期戦になるかと思いますが応援しています。
2013/10/16西田先生、安倍首相を竹中平蔵ら新自由主義者から護ってくださいますようよろしくお願いいたします。
2013/10/16罵詈雑言や誹謗中傷の言葉が浴びせられているかもしれませんが、それに負けずこれからも持論を言い続けてください。
2013/10/16いつも情報を発信していただきありがとうございます。これからも経世済民に尽くしていただきたいともいます。
2013/10/17コンセプトからは若干離れてしまっている かもしれませんが、十三号表紙が一番格好いいと 思います。 個人的には厳しい表情のものが欲しかったですね。
2013/10/17応援しています。
2013/10/17西田先生は、日本の理想の親父ですね。日本を日本らしく、日本人を日本人らしく、導いてください。
2013/10/17「総理への直言」購入いたしました。 昨日手元に届いたばかりですが目次に目を通しただけでも西田先生が戦おうとしているレジーム(体制、モデル、固定観念などなど)の巨大さと難しさ、そして決意の程が伺えるようでした。 しかと読ませていただきます。 写真は、時制の限定されたものより、普遍性が高く、いつ見ても清々しく明るい気持ちになれる9月4日号を選びました。
2013/10/17毎週読ませていただいています。ありがとうございます。 国会議員は自由委任が原則なので全国民のために存在する、とは法学で習いましたが、そうはいっても選挙民以外の人には興味を示さない議員さんが多い中、西田先生におかれましては毎週あるいはタイムリーに私たちに話しかけてくださいます。誠にもったいなく、誠にありがたい存在です。どうぞいろんな面でご自愛くださいませ。 さて、私は麻生先生とのお写真を選びました。西田先生は安倍さんを熱烈応援なさっているとはよくよく招致しておりますが、政策的なことを考えれば麻生先生と歩調を合わせていかれるのがいいのではないのか、など愚考します。 しかし、愚考ついでに言えば、それでは叩かれた時に共倒れになるので、抑えに回る、搦め手も必要なのか、などともしばしば考えます。 まとまりませんが、先生やスタッフの皆様にお礼を述べさせていただくとともに、皆様のご健勝を心から願っております。 追伸:本も読みました。(でも西田先生のご発言をフォローしている私ではなく、私でない誰か最低でも1人に読ませようと「蓮池」理論も実践しています。)
2013/10/18応援してます!
2013/10/18一番落ち着いた写真で、笑顔が素敵なのでこちらを選びました。
2013/10/19創刊号と54号もいいかな
2013/10/21週刊西田が配信されるようになって毎週火曜日が待ち遠しくなりました! いつも素敵な表紙で嬉しいです。ありがとうございます。 特に創刊号の写真は携帯の待ち受けにするくらいお気に入りなのでこれがカレンダーになったらすごく嬉しいです。 これからもずっと西田先生を応援しています!頑張って下さい!
2013/10/21安倍首相が「日本をとりもろす!」と言っていたあの頃、そしてそれを支持していた西田先生が、今後再び協調して日本を取り戻すための舵取りを始めることを願って、衆議院選挙前の画像を選択しました。
2013/10/21どれも悪くないとは思いますが、その中でも創刊号の写真が爽やかで好感を持てる感じがして、一般受けも良いような気がします。





回答者情報
性別 人数  
男性 46
女性 20









かんたん無料のアンケートシステム Mr.アンケート